FXと外貨預金

株式投資・投資信託・不動産など、色々投資がある中で、注目を集め、
取引量が増えているのがFX(外国為替証拠金取引)です。

FXというのは、1998年に外為法が改正された事で生まれた取引です。

それまで銀行にのみ許されていた外国為替の取引が、広く一般にも開放されました。

「為替」「外貨」と聞くと、すぐに「外貨預金」のことが頭に浮かぶという方もおられるかも知れませんが外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)は、似ているようでここまで違います。

外貨預金の場合はたとえば100万円を×▽銀行の口座に預けますと、100万円分のドルを買う事が出来ます。
つまり、日本にいながらドルの口座を持ち、値動きの変動を待つのですね。
そうして、1ドル110円だったものが、無事、1ドル111円になりましたら、そこでドルを売ります。このようにして、差額の1ドル分(1%程度)の利益が生まれるという仕組みです。

一方でFXの場合はまずB証券に5万円を預けます。
その5万円は担保として別に保管され、証券会社から「100万円の取引を行う権利」が与えられるのです。
そうして、100万円の範囲内で、円とドルの売買を行う事が出来ます。

つまり、外貨預金の貯蓄性は無いのですが投資法として非常に気軽に始められるシステム、
ということです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: FXと外貨預金

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.i-sub.net/mt41/mt-tb.cgi/143

コメントする

このブログ記事について

このページは、isubが2007年7月21日 13:22に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「FXの基本:差金決済とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1